お電話でのお問い合わせ(平日9時〜17時)
Tel 052-222-2614
名古屋・東京・関西他全国対応

自社株ってやった方がいいですか?

2018年10月3日

IFA岩崎です。

 

【自社株ってやった方がいいですか?】

 

上場企業にお勤めの方に、

 

「自社株制度って使ったほうがいいですか?」

 

と聞かれることがあります。

 

やるべきかどうかを判断するポイントをまとめておきたいと思います。

 

 

・会社の業績、状況、将来性を分析する

 

自分の資産を投資していくわけなので、

 

その投資先が投資するに足るかどうかを分析する必要があります。

 

将来的に株価が成長していくかどうかを、

 

その業界自体の成長性や、業績などを勘案して、

 

考えていかなければいけません。

 

 

また、よく調べておかなければいけないのは、

 

潰れる可能性があるかどうか、

 

というところです。

 

大企業でも突然窮地に立たされることがあるような、

 

変化の激しい時代なので、

 

確実には読みきれないとは思いますが、

 

現在の状況から、

 

存続の可能性をある程度は分析しておく必要があります。

 

株の怖いところは、

 

企業が破綻すると価値がなくなってしまうので、

 

それだけは避けたいところですからね。

 

 

・自社株を奨励する仕組みがあるか

 

多くの企業で見られるのが、

 

自社株買いをすると、

 

掛け金に10%程度資金を上乗せしてくれる、

 

という自社株を奨励する制度です。

 

これがある場合は、

 

企業の状況にもよりますが、

 

基本的には前向きに自社株に取り組んだ方がいいと思います。

 

株価の上下はありますが、

 

掛け金が10%上乗せになるので、

 

それだけでもお得ですよね。

 

あとは株価が上がってくれれば・・・

 

というところですが、

 

そこはご自身のお勤めの企業をよく分析して見ましょう。

 

 

まだ取り組んでいらっしゃらない方は、

 

今一度、

 

自分の勤めている企業を分析してみて、

 

また、社内の自社株の制度を調べてみてください。

 

 

〜〜セミナー・イベント情報はこちら〜〜

https://yosukeiwasaki.com/event

 

〜〜個別相談、お気軽にお申し込みください!〜〜

個別相談(無料)