お電話でのお問い合わせ(平日9時〜17時)
Tel 052-222-2614
名古屋・東京・関西他全国対応

お金を貯めるにはどうすればいいか?

2018年8月5日

IFA岩崎です。

 

【お金を貯めるにはどうすればいいか?】

 

「お金を貯めるにはどうすればいいか」

 

これは、多くの方が日々直面している課題だと思います。

「もっとお金を貯めたい・・・」

 

そう思いながらも、目の前の消費欲求に負けてしまっている方も多いかと思います。

 

  • 「人間に、意志力なんてものはない」

2017年に、ノーベル経済学賞を受賞した、

 

リチャード・セイラー教授は、こんなことを著書で述べていました。

 

「人間に、意志力なんてものはない」

 

私はこの言葉を見て、人が貯蓄できない理由がわかったような気がしました。

 

参考 実践行動経済学 リチャード・セイラー

 

 

お金を貯めたい、と思っても、

 

それが実行に移せる人はごくわずかで、

 

多くの人は、目の前の誘惑に流されてしまう。

 

それが人間というものなんでしょうね。

 

行動経済学の分野から見ても、そのことは明らかなようです。

 

例えばダイエットなんかもそうでしょう。

痩せよう、と思っても、

 

ついつい目の前に美味しそうなご飯やお菓子が出てくると・・・

 

食べてしまいますよね。笑

 

(私もジムに通って、節制の思いはあるのですが、

甘いものの欲求にはどうしても負けてしまいます・・・泣)

 

「人間に、意志力なんてものはない」

このことを前提に、何事も仕組みを構築していく必要がありそうです。

 

 

  • お金を貯めるには

 

お金を貯めようと思ったら、とにかく天引きあるのみです。

 

給料や報酬が入ったら、まず、貯蓄や投資に回すものを天引きする。

 

そして、残ったものから消費する。

 

この仕組みを作ることで、お金を貯めれるようになります。

 

 

一度この仕組みを作ると、

 

人は現状を変えるのを嫌う志向があるので、惰性で継続し、

 

結果的に多くの資産を残すことができるはずです。

 

毎月支払っている携帯代金や光熱費とか、特に抵抗なく支払ってませんか?

 

貯蓄や投資を、そのレベルで生活に組み込むことができれば、

 

あなたは間違いなく今より将来資産が増えていると思います。

 

 

  • 天引きサービスの活用を

 

一旦口座に入ったものを、自分自身でその都度移動させる、

 

というのでもいいと思います。

ただ、そこにはまだ、人間の意志が働く余地が残されてしまいます。

 

「今月はちょっと頑張ったから、貯金額を少し減らして使ってしまおう。」

 

「ちょっと欲しいものがあるから、今月の貯金はやめておこう。」

 

という風に、流されてしまう恐れがあります。

 

 

「人間に、意志力なんてものはない」

 

ということを前提に考えると、

 

天引きサービスを活用するのが、一つの解決策になると思います。

 

口座から勝手に天引きされていくので、人間の意志が介在する余地がないです。

 

世の中には、天引きサービスは沢山あります。

 

積立貯金、積立投資、純金積立、積立NISA、個人年金保険、確定拠出年金・・・

 

数多あるサービスの中から、自分にとって最適な配分を考えていきましょう。

 

ただ、最適な配分は、これが正解、というものがないです。

 

それがまた、少しハードルが高いですね。

 

個々の置かれている状況によっても変わってくるので、

 

身近で信頼のできるお金の専門家に相談してみることをオススメします。

 

  • 意志力に頼らず、豊かな未来を

 

「人間に、意志力なんてものはない」

 

そう開き直ってしまうと、

 

「何で貯金できないんだ・・・」

 

「何で浪費してしまうんだ・・・」

 

「自分はダメな人間なんだろうか・・・」

 

などと自己嫌悪に陥ることはなくなります。

 

人間とはそういうものだと思って、

 

それを前提とした貯蓄・投資システムを、生活の中に組み込んでいきましょう。

 

早いうちに仕組みを作ることが、

 

豊かな将来への近道です。

 

 

〜〜セミナー・イベント情報はこちら〜〜

https://yosukeiwasaki.com/event

 

〜〜個別相談、お気軽にお申し込みください!〜〜

個別相談(無料)