お電話でのお問い合わせ(平日9時〜17時)
Tel 052-222-2614
名古屋・東京・関西他全国対応

世界は人口爆発期にある

2018年10月8日

IFA岩崎です。

 

【世界は人口爆発期にある】

 

まずはこの図を見てみてください。

 

(参考 国連人口基金

http://www.unfpa.or.jp/publications/index.php?eid=00033)

 

1802年、日本は徳川家斉の治世で、

 

ヨーロッパではフランス皇帝に就いたナポレオンが大陸の大半を勢力下に置いた時代。

 

この頃、ようやく世界の人口が10億人を突破したと考えられています。

 

そこから世界人口は順調に増加を続け、

 

1927年に20億人、

 

1961年に30億人、

 

1974年に40億人、

 

そして1987年に50億人を突破します。

 

ここからもさらに人口は増え続け、

 

1998年に60億人、

 

2011年に70億人を突破しました。

 

そして現在、世界の人口はおよそ76億人にのぼると考えられています。

 

 

国連は「世界人口予測」において、

 

2050年の世界人口が98億人、

 

そして2100年にはなんと112億人に達すると予測しています。

 

ただ、国連の予測には幅があります。

 

同じ「世界人口予測」において、

 

2050年に87億人に到達したところから緩やかな減少へと転じ、

 

2100年には現在と同水準の73億人程度に戻っている可能性もあるという予測もあります。

 

 

とはいえ、

 

一度加速がついた人口増加なので、

 

少なくとも今後数十年間にわたっては、

 

世界の人口は増え続けるという予測がなされているようです。

 

 

世界人口の爆発的な増加のきっかけの1つと考えられているのが、

 

18世紀の半ば頃に始まった産業革命です。

 

イギリスで起こった産業革命は工業化や都市化など、

 

社会の形を大きく変えていきました。

 

そして、この産業革命は世界中へと広がっていったのです。

 

産業革命に伴う工業化、近代化は、

 

物流の促進、農業生産量の拡大、医療の進歩など、

 

人間に多くの恩恵をもたらしました。

 

それまで安定していたGDPが急拡大するなど国が豊かになり、

 

人口が増える余地ができたのです。

 

なかでも特に、穀物生産量の増加は人口増加に直結したと考えられています。

 

 

また、医療の進歩や公衆衛生の向上なども、人口爆発の要因として考えられています。

 

医療の進歩と普及によって病気が治療できるようになったことや、

 

開発途上国でも少しずつ衛生的な生活を送れるようになったことなどが主な原因だと考えられています。

 

それによって、世界的に人間の寿命が延び、人口が増え続けているのです。

 

 

このように、色々な要素が組み合わさって、

 

私たちは今、

 

人口爆発期の真っ只中に生きています。

 

この状況を鑑みて、

 

これを投資判断に活かすとすれば、

 

どうでしょうか。

 

 

日本に目を向けると、

 

人口は少しずつ減り始めていますが、

 

世界に目を向けると、

 

人口は増えています。

 

人が一人増えると、

 

食べ物を食べ、

 

水を飲み、

 

服を着て、

 

家を建て、

 

車に乗り、

 

携帯を持ち・・・

 

というように、

 

何かしらの消費活動を行います。

 

人口が増えるということは、

 

経済活動にとってはプラスの要素です。

 

ということは、

 

世界的に見ると経済活動が膨らんでいくことが予想されるので、

 

その恩恵を受けられるようなところに自身の資産を置いておけば、

 

自然と資産が増える可能性は高まります。

 

 

もちろん、人口爆発はいい面ばかりではありません。

 

世界的な人口爆発に伴って、

 

食料・水不足、エネルギー不足、環境汚染、など、

 

様々な課題が出てくると言われています。

 

これらの課題は、

 

今後人類が乗り越えていくべきものなのでしょう。

 

 

人口爆発のいい面を見るか、悪い面を見るか。

 

人口爆発をどう捉えるかで、

 

経済の見方は変わってきます。

 

それによって、投資対象も変わってくると思います。

 

 

いずれにせよ、

 

今後投資活動をしていく上では、

 

世界の人口爆発という視点は外せないと思いますので、

 

頭に入れておきましょう。

 

 

〜〜セミナー・イベント情報はこちら〜〜

https://yosukeiwasaki.com/event

 

〜〜個別相談、お気軽にお申し込みください!〜〜

個別相談(無料)