お電話でのお問い合わせ(平日9時〜17時)
Tel 052-222-2614
名古屋・東京・関西他全国対応

引退後、最低限必要なお金はどれくらいか?

2018年8月27日

IFA岩崎です。

 

【引退後、最低限必要なお金はどれくらいか?】

 

老後、お金がどれくらい必要になるのかを把握しておくことは、

 

今を安心して生きるためには重要です。

 

最低限必要になるお金を計算してみたいと思います。

 

 

  • 60歳で退職、100歳まで生きる

 

仮に、60歳で退職して、

 

人生100年時代、100歳まで生きるとシミュレーションします。

 

現在高齢夫婦の1ヶ月の平均支出は、

 

26万5000円です。

 

今後の景気変動、物価変動などは特に考慮せずに計算すると、

 

26万5000円×12ヶ月×40年=1億2770万円

 

です。

 

 

では、年金はどれくらいもらえるでしょうか。

 

家計調査年報によると、

 

平均年金支給額が、約21万円です。

 

65歳からの支給だとすると、

 

35年間もらえます。

 

21万円×12ヶ月×35年=8820万円

 

です。

 

 

ということは、

 

1億2770万円ー8820万円=3900万円

 

約3900万円不足する計算になります。

 

もし60歳以降全く仕事をせず、

 

収入のない状態が続くとすると、

 

引退までに3900万円を準備しておかなければいけません。

 

 

もっと言うと、こちらのシミュレーションは、

 

100歳でぴったりと使い切るシミュレーションなので、

 

本当に100歳まで生きることを考えると、

 

3900万円だと心もとないかもしれません。

 

少しゆとりを持って生活をしたいと思うと、

 

5000万円くらいは目指したいところですね。

 

 

このシミュレーションは、

 

あくまでも一般的な数字なので、

 

個々人の財産状況や、目指す生活スタイル、仕事の有無、退職金の額、などによって、

 

それぞれ準備しておく金額は変わってきます。

 

 

上記のことを参考にして、

 

自分自身の人生と照らしあわせて、

 

必要金額を掴んでおくことが大切です。

 

以前より、老後の時間が長くなってきているからこそ、

 

その重要性はますます高まってきていると思います。

 

 

〜〜セミナー・イベント情報はこちら〜〜

https://yosukeiwasaki.com/event

 

〜〜個別相談、お気軽にお申し込みください!〜〜

個別相談(無料)