お電話でのお問い合わせ(平日9時〜17時)
Tel 052-222-2614
名古屋・東京・関西他全国対応

企業型確定拠出年金導入費用は福利厚生費として全額経費になる

2018年11月8日

IFA岩崎です

 

【企業型確定拠出年金導入費用は福利厚生費として全額経費になる】

 

企業型確定拠出年金を導入するに当たって、

 

いくつか費用がかかります。

 

それは、

 

導入費用

 

管理費用

 

年間継続費用

 

です。

 

 

導入費用は最初にかかってくるもので、

 

一回こっきりです。

 

 

管理費用は毎月、

 

年間継続費用は毎年継続でかかってきます。

 

これに加えて、

 

継続教育を加えると、

 

その都度費用が加算されます。

 

いきなり確定拠出年金を導入されても、

 

どういう商品を選択すればいいかはなかなか判断できない人は多いと思うので、

 

通常は継続教育も半年に1回なり、

 

年に1回なりをしていくのが通常です。

 

 

こうして、費用はもちろんかかってきます。

 

ただ、これらは、

 

福利厚生費として全額経費として計上できます。

 

節税や社会保険料の適正化に目が行きがちな確定拠出年金ですが、

 

そもそもは従業員の将来の年金資産を準備するための制度なので、

 

福利厚生の意味合いがメインです。

 

なので、経費として計上できます。

 

 

単に費用負担をするというだけではない、

 

という部分は押さえておいていただければと思います。