お電話でのお問い合わせ(平日9時〜17時)
Tel 052-222-2614
名古屋・東京・関西他全国対応

大失敗の”豊かになるニュースの読み方”でした

2018年10月30日

IFA岩崎です。

 

【大失敗の”豊かになるニュースの読み方”でした】

 

豊かになるニュースの読み方で、1ネタやらせていただきました。

 

私が話したのは、

 

KDDIがイデコを始める、という記事を元に、

 

イデコについてのメリット、デメリットをお話ししました。

 

イデコについての理解を深めていただければいいなと思ってお話ししたのですが、

 

後から代表の中島さんからのフィードバックで、

 

「ちょっとお勉強っぽくて、つまらんかったですよ。

 

スタッフの子も、微妙だったと言ってました。」

 

と言われて、少し凹みました笑

 

確かに、本日は前回の発表時と違って、

 

なんとなく自分の発表が上滑り感がありました。

 

話をしていても、その内容が聴衆の耳に入らず、

 

スーッと通り過ぎていく感じでした。

 

自分でも、今日はあかんかった、

 

というのはわかってはいたのですが、

 

それを改めて言葉で伝えられるのはなかなかきつかったですね笑

 

しかも、スタッフの子もそう思ってたんかい、

 

ということがわかってしまい、

 

より凹みを増幅させました笑

 

 

自分なりに分析すると、

 

以下のポイントが失敗の要因だったのだと考えています。

 

「前の発表が押していて、自分の持ち時間が短くなっていたことで、

どんどんやっていかなければいけない、と焦りの気持ちが強かったこ

と。」

 

自分の担当の時間になった時点で、

 

時間がオンタイムから8分オーバーしていました。

 

自分の持ち場で少しでも時間を短縮しなければいけない、と

 

時間に追われる感じで焦っていたので、

 

内容をカットしてどんどん話していった結果、

 

簡潔に内容を伝えるだけになってしまって、

 

聴衆の反応を楽しんだり、目配せをしたり、

 

ということができませんでした。

 

おそらく僕の焦りや、リラックスしていない感じを聴衆の方々も感じていたのか、

 

場の空気がどんどん固くなっていくのを感じて、

 

それがさらに僕の焦りや緊張を生む、

 

という負のスパイラルに入っていました。

 

いやー、ダメダメでしたね。

 

経験値のなさが露呈しました。

 

恐れ、緊張、不安、焦り、などのネガティブな感情が心を占めていて、

 

途中から早く終わらせたいと思ってしまいました。

 

まぁ、こういうのもいい経験ですね。

 

 

何人かで分担してやっていることなので、

 

時間のズレというのは今後も発生することだと思います。

 

次回以降には、

 

”どんな状況でも自信を持って堂々とリラックスしてやりきる”

 

”自分がまず楽しむ”

 

ということを反省点として活かしていきたいと思います。

 

 

こういう失敗経験を糧にして、

 

成長していければと思います。

 

”全ての経験が、将来有機的に結びつく”

 

と信じて。

 

 

〜〜セミナー・イベント情報はこちら〜〜

https://yosukeiwasaki.com/event

 

〜〜個別相談、お気軽にお申し込みください!〜〜

個別相談(無料)