お電話でのお問い合わせ(平日9時〜17時)
Tel 052-222-2614
名古屋・東京・関西他全国対応

お金は世の中からの預かりもの

2018年8月6日

IFA岩崎です。

 

【お金は世の中からの預かりもの】

 

私たちは、日々お金と接していますが、

 

それに対する考え方は、人それぞれです。

 

 

お金によって苦しめられる人もいれば、

 

お金によって豊かな人生を創造している人もいる。

 

お金に対する考え方によって、

 

お金に振り回されるか、

 

お金をコントロールできるか、

 

は変わってくると思います。

 

 

お金を上手にコントロールできれば、

 

豊かな人生を創造できるでしょう。

 

 

歴代の成功者から、お金に対する考え方を学んでみましょう。

 

  • お金は世の中からの預かりもの

 

「自分の金、自分の仕事、自分の財産。 自分のものと言えば自分のものだけれど、 これもやっぱり世の中から授かったもの。 世の中からの預かり物である。」

 

これは、かの有名な、松下幸之助さんの言葉です。

 

誰もが知っている、パナソニックの創業者です。

 

松下幸之助さんは、この言葉からわかるように、

 

あくまでも自身のお金や資産は、世の中からの預かりものだ、

 

という考え方をしていたようですね。

 

 

だからこそ、自分一人で独り占めするのではなく、

 

みんなでシェアする。

 

必要なところには、与える。

 

そのような姿勢ができていたからこそ、

 

お金の神様からは、(いるのかわかりませんが笑)

 

「この人はお金の扱い方をわかっている。

この人にはもっと多くのお金を任せよう。」

 

という感じで、

 

さらに富を増やしていったのだと思います。

 

 

これと同じようなことを言っている人で、

 

アメリカの石油王、ロックフェラーがいます。

 

ロックフェラーは、次のような言葉を残しています。

 

「富めるものは神の単なる道具で、神の富を一時的に受託し、 それを善良な目的に当てる管財人に過ぎない。」

 

意味としては、 先ほどの松下幸之助さんが言っていることと同じですよね。

 

お金や富というのは、自分のものではなくて、

 

単に神様がそれを一時的にその人に託しているだけのものである。

 

それを善良な目的のために使う人のところに、

 

神様はより富を任せようとする、

 

的な意味ですよね。

 

 

実際に神様から多くの富を扱うことを任されたお二人の言葉をご紹 介しましたが、

 

私たちはここから、お金に対する考え方を学ぶことができますね。

 

  • お金を世の中とシェアする感覚を持つ

 

お金や資産は、それを独り占めするのではなくて、

 

世の中の人とシェアする感覚を持つことが大切だと思います。

 

適度に、世の中に流していくことが重要です。

 

 

そのような考え方を持っていると、

 

お金に苦しめられることが減ってくると思います。

 

 

お金に対するいい考え方を持っていれば、

 

もっとお金は集まってくるようになると思いますし、

 

精神的にも豊かな人生を送れるようになると思います。

 

 

  • 投資とは、お金や資産を世の中にシェアする有用な手段

 

お金や資産を世の中の人とシェアしたり、

 

社会に融通していく方法として、

 

投資は非常に有用な手段になり得ると思います。

 

 

世の中をよりよくすることを実現するために頑張っている人、 会社に投資をする。

 

そして、その人たちがより良い社会を生み出していく。

 

これこそが、経済の善循環だと思います。

 

 

投資をすることで、お金にいい流れが生まれます。

 

お金を保有したままだと、お金の流れが淀んでしまいます。

 

いい流れのある人に、より富はやってきますし、

 

どんどん豊かさが舞い込んでくると思います。

 

淀みのない、流れのある豊かな人生を目指したいですね。

 

 

皆さんも、お金に関するいい考え方を身につけて、

 

より豊かな人生を創造していきましょう!

 

 

〜〜セミナー・イベント情報はこちら〜〜

https://yosukeiwasaki.com/event

 

〜〜個別相談、お気軽にお申し込みください!〜〜

個別相談(無料)