お電話でのお問い合わせ(平日9時〜17時)
Tel 052-222-2614
名古屋・東京・関西他全国対応

人生100年時代を物心共に豊かに生き抜くには⑵

2018年8月9日

IFA岩崎です。

 

 

【人生100年時代を物心共に豊かに生き抜くには⑵】

人生を豊かにいきているな、と実感するためには、様々な要素が必要だと思います。

 

主なところは、以下のようなことが挙げられると思います。

 

  • 健康

健康は大切ですね。どこか不良があるだけで、万全の状態の時と比べると、

 

どこか幸福感は減ってしまいます。

 

「健康は、すべてではないが、健康を失うと、全てを失う。」

 

これは私の尊敬するアチーブメント株式会社の青木仁志さんの言葉です。

 

心の底から幸福感を感じて、豊かさを満喫するためにも、

 

土台となるのが健康かと思います。

 

健康に対して配慮した食生活を送る。

 

適度な運動をする。

 

過度な飲酒、喫煙は控える。

 

定期的に健康診断を受ける。

 

などなど、日頃からできることは沢山あります。

 

豊かな人生を送るためには、日々の積み重ねこそ大切になって来ると思います。

 

  • 充実感、生きがい

 

豊かな人生には、充実感や生きがいが必要だと思います。

 

お金があって、時間があっても、

 

やりたいと思うことがなかったり、熱中できるものがないと、

 

精神的な幸福度は大きく下がってしまうと思います。

 

暇ほど辛いものはないですからね。

 

仕事に没頭するもよし、

 

趣味に熱中するもよし。

 

何か打ち込めるものを見つけることは、心豊かな人生にとってはとても重要な要素だと思います。

 

 

  • 家族、仲間、友人とのふれあい

 

人は一人では生きていけません。

 

誰かを愛する、誰かから愛されている。

 

誰かを必要としている、誰かから必要とされている。

 

そうやって、人と人とのふれあいを通して、

 

所属意識や、愛を感じることも、

 

人の幸福感や豊かさに影響を与える大きな要素かと思います。

 

 

  • 社会とのつながりを感じる

 

自分は社会の一員である、とか、

 

社会と繋がっている、という感覚も、心の豊かさに繋がって来る部分かと思います。

 

仕事をしているうちは、否応にも社会との関わりは持てるので、

 

普段あまり意識する人は少ないかもしれません。

 

ただ、例えば仕事を退職して、引退生活に入っているような方にとっては、

 

ここをどう満たしていくか、ということも、

 

豊かな人生を送るにあたっては、考えていくべき部分かと思います。

 

  • 投資は社会、経済との繋がりを感じるには最適なツール

 

そこで、私が退職したり、引退生活に入っている方にオススメしたいのは、

 

資産を何かに投資してみる

 

ということです。

 

例えば、株式投資。

 

ある企業に投資すれば、その会社の動きが気になってきます。

 

日々の世界情勢やマーケット状況にも株価は影響を受けるので、

 

ニュースがより生きた情報になってきます。

 

世の中の動きにも敏感になります。

 

何もしていないと、別にトランプ大統領がどんな発言をしようが気になりませんが、

 

株式投資をしていると、彼の一挙手一投足が気になります。

 

何か面白いサービスが世の中に出たとしても、

 

投資家目線を持っていなければ、

 

スルーしてしまうかもしれません。

 

投資家目線で生きていると、世の中との関わり方も変わってきます。

 

私は、豊かな人生においては、このような部分も必要な要素と思っています。

 

なので、資産運用や投資を、ただ単にお金を増やすという目的としてやるのではなく、

 

そのような捉え方をしてみてもいいと思います。

 

ある程度お金にゆとりのある方でも、人生をより豊かにするために、

 

ぜひ資産運用、投資には積極的に取り組んでみてください。

 

以上、人生を物心共に豊かに生き抜くために必要な要素を、いくつか挙げてみました。

 

みなさんが豊かな人生を創造していく際に、何かしら参考になれば幸いです。

 

〜〜セミナー・イベント情報はこちら〜〜

https://yosukeiwasaki.com/event

 

〜〜個別相談、お気軽にお申し込みください!〜〜

個別相談(無料)